限度額が多ければ審査も慎重になる

キャッシングの審査に通ったとはいっても、好きなだけ融資が受けられるというわけではありません。目的別ローンの場合は、最初に借り入れる額が決まっていますので、その後に追加融資を受けるといった事はありませんが、キャッシングの場合には利用限度額というものが存在しています。

 

認められている利用限度額の範囲内であれば、いくらでも融資を受ける事ができるもので、その額は人によって違います。キャッシングを申し込めば審査が行われるのですが、この審査によっていくらまでなら貸付が可能なのかの限度額が決まる事になります。

 

第一にはやはり返済能力です。貸金業者はできれば多くを借りてもらいたいとは思っていますが、返す能力がない人に貸してしまうときちんと全額回収できないかもしれないリスクを背負う事になってしまいます。かつて貸金業のルールがもっとあいまいだった頃などは、安易に借り入れを行って多重債務に陥る人がたくさんいたので、回収不能となるケースも多発しました。

 

今では法律の改正があったため、審査における返済能力の有無の確認も以前よりも明確な基準のもとに行われています。消費者金融での借り入れを希望する場合、収入の3分の1までの融資と決まっています。ですからどんなに収入が多かったとしても、他で多くの借金があるのならば仮にキャッシング可能だったとしてもその限度額はとても低いものになる事もあるのです。

 

キャッシングの限度額は多い方がいい?

キャッシングを申し込む時には、どのぐらいの限度額を希望するかを自己申告します。もちろん会社側もなるべく希望に沿うべく審査を行ってくれますが、この希望額が多ければそれだけ審査のハードルも高くなるという事を銘記しておきましょう。

 

審査の項目は色々とあって、一部はコンピューターで審査が行われますが、どのような勤務先の種類かによってもある程度信用状況が決められています。例えば公務員はもっとも信用が高く、個人事業主は最も不安定で信用が低くなります。どちらも同じ収入だったとしても、認められる限度額に違いが出る可能性があるのです。

 

勤務先がしっかりしている上に、住んでいる所も長年根付いているような場合にも、居場所を転々としてしまうリスクが少ないと判断されて信用が上がりますので、安心して限度額を認めてもらえる事もあります。ただ、利用目的がはっきりしている上で多い限度額を希望しているわけでないのであれば、最初は少なめの限度額を希望しておいた方が審査も安心ですし、無理な利用をしてしまう危険も避けられます。

 

きちんと返済している実績を重ねていけば、限度額の増額を提案される事もありますので、無理していきなり高額の限度額に設定する必要もないかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日