ブラックリストは存在しない?

金融機関などからお金を借りたにもかかわらず、お金の返済をしなかったり、連絡が取れなくなるなど、問題が生じた場合、それを金融事故と言い、トラブルとなります。こうしたトラブルが起きた時には金融機関が単独で問題のあった人をピックアップすることは無いと言えます。

 

そうではなく、信用情報機関と呼ばれるところが金融事故の情報を保持することになります。こうした金融事故の履歴がある人を俗にブラックリストと呼びます。ですから、そうしたリスト自体が存在しているわけではありません。

 

どこに記録が残るのでしょうか?

通常、金融事故の記録は日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センター、それにCICに残ります。これらは国から認められてこうした情報を管理しているのです。それぞれの期間はお互いに信用情報を共有しているので、これらのどこかに記録があれば、ブラックリスに載っている人ということになります。ですから、クレジットカードを使った後に、利用料金を踏み倒したり、あるいは形態の料金を払わなかったりすると記録が残ります。また、奨学金の返済に関しても例外ではありません。当然、キャッシングの場合も支払いが遅れると記録に残ります。

 

こうやって金融事故を起こしてしまうと、その後、ローンを組んだりする時も問題が起こります。金融機関からお金を借りたいと思っても借りれなくなるのです。つまり、信用が無くなると考えたら良いわけです。キャッシングなどからお金を借りる際には、絶対に返すと言う点を忘れてはいけません。ブラックリストに載ることで、その後、不利益を被ることになるからです。借りたら返す、当たり前のルールですが、しっかりと守りましょう。ただ、ブラックリストはずっと残るというものではないのです。あるていど時間を経過すると自動的に記録が抹消されます。大体、5年から10年ぐらいですね。これは事故の内容がどういったものかでも変わります。いずれにしても、事故として記録されないことが一番です。

 

まとめ

以上述べてきたように、ブラックリストというのは、信用情報機関への記録の事を言います。だから一般にイメージされているようなリストのようなものが存在するわけではありません。携帯料金などは、ちょっとした手違いで滞納になることもあります。そうならないように普段からの心がけが重要です。もし、ブラックリストに載ると借入はほぼ不可能。

 

上記の3機関のうち、どれかに記録されるともうダメです。信用情報機関に自分の記録があるかどうかは調べることが可能です。もし、心配な人は一度調べてみても良いでしょう。載っていなかったら安心でしょうから、心配な人にはおススメです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日