“即日融資OK!”の謳い文句には落とし穴がある

近頃のキャッシングは、“即日融資OK!”と謳う会社が多く見られるようになりました。審査過程を機械化するなどで、この手の商品が増えているようです。しかし、案外知られていないようですが、この“即日融資OK!”は“《100%》即日融資OK!”ではないのです。

 

〈“即日融資OK!”とある○○キャッシング会社を利用しようと思ったら、土曜日だからその日の内に手元に現金を確保することができなかった…〉という声も聞きます。“即日融資OK!”という広告を見て、土曜日でも平日のようにキャッシングが始められると思う人もいるようです。金融機関の多くは、土日・祝日は営業日ではありません。よって、土曜日はもちろん、日曜・祝日に融資を行うことはないのです。

 

それぞれのキャッシング会社の公式サイトを見ると、「銀行振込みに関しては、平日のみ対応しています」とか「土日・祝日の申込みについては、審査結果のお知らせは翌営業日以降になります」といった内容の注意書がきちんと記載されています。“即日融資OK!”の甘い文句には、落とし穴があったということです。

 

土日や祝日でも申し込めるカードローン!


▲アコムの審査申し込みページヘ

 

▲プロミスの審査申し込みページヘ

 

土曜日に即日融資を受けることは不可能なのか?

では、土曜日に即日融資を受けることは全く不可能なのでしょうか?実は、そうとも言い切れません。土曜日に即日融資を受ける方法が、2つ考えられます。

 

第一に、銀行カードローンを利用する方法です。まずは、自分が持っている口座の金融機関を確認してください。多くの銀行はカードローンの商品を取り扱っていますので、自分が持つ口座の銀行のカードローンを利用します。或いは、その金融機関が提携しているキャッシング会社のカードローンを利用するのもいいと思います。

 

なぜ、自分の口座と同じ(或いは提携する)金融機関のカードローンを利用するのか?その理由は、ネットバンキングの自行間取引の有利性を利用するからです。自行間取引の特長は、土日・祝日に関係なく、 24時間365日取引ができることです。これが他行間取引だと、土日・祝日に行った手続きの内容は、翌営業日以降の反映になってしまいます。ネットバンキングは、 24時間365日営業しています(システムメンテナンスという例外はありますが…)。
このシステムを利用した銀行カードローンならば、いつでも自分の口座に融資がリアルタイム反映されるため、土曜日でも即日融資を受けることができるというわけです。

 

ネットバンキングを利用するためには、必要手続きを済ませておく必要があります。その手続きには2〜3日、長くて1週間くらいかかります。その点は、念頭に置いておきましょう。

 

無人契約機を利用する方法について

第二に、無人契約機を利用する方法です。無人契約機とは、申込みから審査、本人確認、本契約、ローンカードの発行まで、キャッシングに必要な全ての手続きを行うことができる機械です。店舗のようにスタッフがいるわけではありません。テレビ電話を通してオペレーターの指示に従いながら、手続きを進めていきます。ローンカードを受領後は、無人契約機の側にあるATMからすぐに現金を受け取ることができます。

 

ちなみに、申込みから審査までの手続きは、インターネットからでもできます。無人契約機から全ての手続きをする場合、審査の結果を受けるまでの間もずっと機械の前にいなければなりません。審査時間は30〜60分くらいですが、なかなか気が遠くなる時間かもしれません。個人的には、予め審査までの手続きをインターネットで済ませ、審査結果を受けてから無人契約機で残りの手続きをする方法をお勧めします。

 

大手のキャッシング会社は、無人契約機の店舗を全国各地に設置しています。また、大抵の場合、土日・祝日も営業していて、且つ夜の9時ころまで開いている店舗が多いです。無人契約機の営業時間内なら、土曜日でも即日融資を受けることができるというわけです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日