結果は審査次第!もしかするとダメな場合があるかも!?

「現金がなきゃダメだな」となった時。一番便利なのは、即日キャッシングでしょう。でも、中には「自分の場合にも借りられるのかな?」と心配になってしまう人がいるかもしれませんね。特に複数の業者に跨って借入を行っている人は、審査通過が最大の懸念材料となると思います。

 

一般的には、複数の業者に跨って借入を行っていたとしても、それが理由で即日融資を断られることはありえません。しかしながら、限度額が無制限というわけではないことを忘れずに!キャッシング業者は其々の審査基準を持ち合わせているので、都度確認を行うのが確実です。今までの例を鑑みると、3社程度であれば問題はないようです。そして、それ以上を超えると融資が見送られてしまう可能性が高まると考えたほうがいいでしょう。

 

また、数社に跨る借入の総額がどれくらいになっているかという点も重要視されます。金額でいうと、200万円を超える残高がひとつの目安になっていると思われます。借りる人の年収にも関係してくるのですが、この200万円を超えると、融資可能額は低く見積もられるのが常です。更に貸金業法上、年収の1/3を超える融資は禁止されているので、既にその時点で1/3を超える借入を行っているならば、審査の通過は不可能と考えたほうが無難です。

 

借入れ先が複数あって困ったらおまとめローンを利用

3社を超える借入が既にあり、その金額が200万以上、又は総額が年収の1/3を超えているとなると、まずは債務及び借入先の整理に対処しなくてはなりません。借入先を整理したいのであれば、「おまとめローン」を利用してみましょう。おまとめローンとは、その為に契約した会社から受ける融資を使用し、現在抱える債務を優先的に完済させます。その後に、おまとめローンだけに支払いを集中させる仕組みです。別名「借金の一本化」と呼んでいます。

 

借入先を1箇所に絞ることで、自分自身の借入状況が明確になるという利点が発生します。これは複数の借入先を持つ利用者に多いのですが、「一体、いくら借金があるのか詳しくわからない」という場合があります。また、返済日が一括になるという利点も見逃せません。即ち、返済資金の調達にかけられる時間的猶予が増えるということになるので、精神的にも大いに救われることになります。更に、おまとめローンでは金利がお得に設定されていることも多いのです。この金利が抑えられることで、全体の返済額が減るということに繋がるのでとても助かります。

 

おまとめローンは借金の返済がなくなるわけではないので要注意

ただし、勘違いをしてはならないのは、「おまとめローン」=「借金の返済がなくなる」ということではありません。あくまでも、負担が減るだけなのです。したがって、おまとめローンの場合にも、予め返済の見通しを立てておくことが大切です。中には、借入先が複数に跨っていて、その各返済期日にお金が間に合わない人もいるでしょう。こんな時に当座の措置として、即日キャッシング可能なところで資金繰りをすることも考えられます。でも、これでは負のスパイラルから抜け出すことが出来ません。借入をすることとは、返済だけではなく利息分の支払いまでも課されるということを忘れずに。借りた金額+アルファの支払いに膨らむことになるのです。

 

返せないから借りる。期限が来て、返せないから今度は別のところから借りる。これでは、借金総額を増やすための活動を行っているとしか思えません。万一、借入総額がとんでもないことになっているのであれば、既に即日キャッシングを利用したほうが良い域を過ぎています。ここまでになってしまったのなら、自己破産等の措置を検討すべきでしょう。このような事態に陥らない為にも、「借りたら返せるのか」ということを最初にシュミレーションすることをお勧めします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日